レッドウイングも洗えますよ

こんにちは、ナカノヒトです。

本日はこんなものも洗えるんですよーってことで、ブーツの丸洗いのご紹介です。

今回は年数を経て味の出てきたレッドウイングのブーツを洗ってみます。

 

 

まずは靴紐を外してから

 

 

全体の汚れをホースブラシを使ってキレイにしていきます。

ブーツの中にも目には見えないゴミが溜まっているのでエアーを使ってキレイにキレイに。

 

 

そしていよいよ洗いに入ります。

靴底もキレイに。

 

 

隙間も細いブラシでキレイにしますよ〜

でも強くゴシゴシは革に良くないので優しくね!

革全体が色が同じ色に統一されるまで水を含ませて洗います。

 

 

洗い終わったらタオルで全体を拭いた後、詰め物をし、整形してから日光の当たらない日陰で自然乾燥させます。

ここでキレイに整形しておくのがポイント!

ここで手を抜くと仕上がりに差が出るので重要なんですよ〜

 

 

そして乾燥後はオイルアップしていきます。

今回はだいぶオイルが抜けていたので、リキッドタイプのミンクオイルを入れました。

うわっ、オイル入れたら変な色になった((((;゚Д゚)))))))

やっべ〜大丈夫け??

 

 

大丈夫です(笑)

オイルがきちんと乾くとこんな感じ!!

 

 

最後の仕上げは、抗菌&消臭加工・軽い色補正後、愛をたっぷり込めた愛情磨きでピカピカにして終了となります。

見違えましたね!!

我ながら上出来です(笑)

 

 

革製品は定期的にきちんとメンテナンスしておけば一生モノだと思います。

せっかく高いお金払って購入したのですから、購入後もメンテナンスしてあげてくださいね♡

もし、革のジャケット・コート・革靴・ブーツ・バッグ等にカビが生えちゃったとかクリーニングしたいとか、メンテナンス方法がわからない等でお困りでしたら行きつけのクリーニング屋さん、もしくはお近くのクリーニング屋さんにご相談してみてくださいね♪

それでは、また。